包茎手術 麻酔

包茎手術で使われる麻酔にはどのような種類が?

 

包茎手術で、痛みを和らげてくれる麻酔は、一種類ではありません。包茎手術に限った話ではありませんが、麻酔は主に三種類あります。一つ目は表面麻酔です。冷却スプレーを使い感覚を麻痺させたりするものですが、包茎手術では気休めにもなりませんのでこれはほぼ使われません。

 

二つ目は局所麻酔法であり、注射で体の特定の部位の痛みを無くす場合、つまり包茎手術ではこれが主に使われます。最後に全身麻酔があり、意識そのものを無くすものですが、これは大がかりな手術の際に使用されるものですので、やはり包茎の場合はまず使われません。

 

包茎手術でメインとなるのは陰茎の根本に薬を注入する方法、皮膚の組織の下の組織に薬を浸潤させる方法です。二種類が併用されることも珍しくありません。その方法で全く痛みが無いのかという疑問を持つ方もいらっしゃるでしょう。実際のところ、痛みが皆無であることありません。術中はほぼ痛みはありませんが、その後は痛むと覚悟して臨む必要があります。

 

包茎手術で感じる痛みはどの程度のものなのか

 

痛みをどの程度感じるかは、治療の際に気になる点の一つです。それが包茎手術ともなれば気にならない方が少数派と言えます。まず、包茎手術が行われている最中に関しては痛みの程度は少ないです。痛いと患者が感じた場合は、手術自体が上手くいかなくなる可能性もあるので、何かされているのが分かる程度でしょう。

 

痛みを感じるのはむしろ術後、麻酔が切れてからとなります。必ず痛み止めが処方されているでしょうから、手術を受けた日は何もせずに休むのが良いです。痛さの程度自体はさほどでもないようですが、違和感のようなものが出てくる可能性が高く、恐らく何をやっても気になって仕方がないでしょう。もっとも痛むのは、包茎手術を受けた当日の夜であるとされています。

 

もし包茎手術を受ける予定がある場合は、その日に他の予定を入れない方が良いでしょう。翌日以降ならばかなり楽になってきます。手術当日さえ乗り切れば、後はそれほど苦しくはないとされていますので、当日だけは痛さに耐えて下さい。もちろん、あまりに痛いようならすぐ病院に連絡を取るようにした方が良いでしょう。